ズーンと気持ちが重く沈む前に対処|うつ病治療薬の大きな効果

主流の薬

セロトニンに働きかけるものが特に主流となっています。

抗うつ剤には、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬の他、SSRI、SNRI、NaSSAといったものがあり、特にSSRI、SNRI、NaSSAはうつ病発症の要因となっているセロトニンに働きかける効果があり、うつ病治療の第一選択薬として使用される傾向にあります。 また抗うつ剤の投与の他、不安症状が患者に見られる場合は抗不安剤の投与、睡眠障害が患者に見られる場合は睡眠剤の投与が行われることもあります。 しかし、うつ病の薬は人によって合わない種類のものもあるため、そのような場合は患者とよく相談を重ね、それをもとに別の種類の薬の投与を行うといった処置がとられています。

セカンドオピニオンの活用もしつつ、専門的な判断をもとに薬をもらいましょう。

勿論うつ病の薬を投与してもらうには、医療機関の診療にかかることが求められます。しかし、うつ病の診断は本人もしくは家族といった同伴者の口述による判断が主流となっており、診療によっては正確な診断、そして薬の投与がなされ得ていないことが考えられます。そのため、患者に求められることは、別の医療機関にかかり、セカンドオピニオンをあおぐことです。勿論、始めの診察そして処方で効果が表れている実感があるのならその必要はないですが、効果が見受けられないのであれば、セカンドオピニオンをあおぎ、別の薬を投与してもらうのも有効な方法として挙げられます。 また、うつ病の薬は人によって合う合わないがあったり、症状によって投与方法を変えているため、安易に他人からもらうことはしないようにしましょう。

うつ病治療に大切な信頼の確立

医師が優しい言葉を添えてくれたり、逆にうるさそうなせかせかした調子で処方したりしたことが、毎日毎回の服薬の度に反復想起されるだろう。当然それは記憶を定着させる上で効果をもち、良くも悪くも暗示の作用をもたらすことになる。うつ病や重病のクライエントがしばしば「先生のお薬」という表現を使うことがある。「先生が処方してくださったもの」という意味であるのだが、短縮された言い方には「せんせい」と「くすり」の同一性がかなり強まっていることが伺えよう。得体の知れない化学物質を言われた通りに飲み干すのは大変な信頼の現れだと評することもできよう。このような信頼を産みだすのは薬理作用に対する合理的な期待のみならず、精神療法的な効果に拠るところが大きい。このように、まさにうつ病治療は医師と薬への信頼が強まる過程でもあると捉えるべきであろう。